Stax Music Academy は、Stax Museum of American Soul Musicのとなりにあります。
もと、スタックスレコードのあったところです。
IMG_3167


スタックスですから、外には、いつも音楽が流れています。
駐車場でなんだか踊り出したくなるような気分のところです。
我が家の子供たちもここで修行させてもらっています。

 IMG_1460

シンボルマークは、SNAP! 
指をパチンとならす、あの音のマークです。
スタックス方式は、
拍手のかわりに、右手を高くかかげて指をパチパチならします。

IMG_2534

約60人の高校生が学校の放課後音楽を勉強しています。
楽器演奏、パーカッション、ボーカルの3つのパートに分かれて
日々切磋琢磨する高校生たちがいます。

この写真は、楽器演奏セクション。

ジャズとリズムセクション、そして打楽器セクション(太鼓パーカッション)の
3セクションがありますが、
スタックスナンバーを全曲カバーし、他にもレパートリー多数。

IMG_2549

楽器演奏指導のPaul McKinney先生。
音楽を聞いて育ったメンフィス出身の先生は、
現役で演奏もするトランペットミュージシャン。
情熱を込めて指導してくれる生徒に大人気の先生。
一人で何種類もの楽器をカバーする達人です。

IMG_3147

右の先生がボーカル指導のJustin Merrick先生。
クラシックからメンフィスサウンドまで何でも歌えてしまうこれまた達人。
この情熱的な先生が来てから
歌に踊りも加わり、スタックスはミュージカルもできるようになりました。

IMG_3105

これは、校長先生のKirk Whalum先生。
グラミー賞受賞をしたジャズ、ゴスペル音楽会で世界的に重鎮なサックス奏者。
ホイットニーヒューストンさんの曲をアレンジして後ろでサックス演奏した人です。
ホイットニーさんのほとんどの有名曲の間奏のサックスがこの先生の演奏なんです。
イベントのたびに生徒たちと一緒に演奏してくれますが、
その音色には、心からほれぼれしてしまいます。
とても気さくで生徒たちを常にポジティブに励ましてくれる人です。

IMG_1232

これは、メンフィスのキャノンセンターでのコンサートのフィナーレ。
上手に演奏したので、レコーディングかと思われてしまったほど上出来の演奏でした。
スタックスのイベントはもとより、
いろんなイベントや大きなパーティなどでも演奏させてもらえ、
場数がいっぱい踏めるので、みんなおもしろいくらいどんどん成長します。

スタックスミュージックスクールは、地元で有名なだけでなく、
海外遠征もこなし、今までにオーストラリア、イタリアなどへ出かけています。
Music Exchange(音楽を一緒に演奏すること)には、
アメリカ各地、海外から毎月たくさんの音楽グループがやって来ます。

そのうちに日本にも演奏旅行にいって、スタックスの子供たちのメンフィスサウンドを
お届けできたらいいですね。
ミュージックエクスチェンジもすてきです。

Stax Music Academy
Stax Music Academy
926 East McLemore Avenue
Memphis, TN 38106
901.946.2535


お問い合わせ、演奏のご依頼は、こちらへ