オペラメンフィスのイベントで歌ってきました。

IMG_6076










メンフィスにはオペラメンフィスというオペラカンパニーがあります。メンフィス市の閑静な住宅街に立派なオペラセンターがあり、世界の錚々たるオペラ歌手を招いて年4回の公演が行われます。州立メンフィス大学の音楽部声楽科とも提携しています。

デザイナー由紀子は時々シンガー由紀子になりますが、今回は、オペラメンフィスによるオペラ啓蒙コミュニティーイベントの合唱団の一員に加えてもらいました。


IMG_6078
 









オペラメンフィスは、9月をオペラ月間として30日間毎日街のどこかでオペラが聞こえるというイベントをしています。その一つにメンフィスのオーバートン公園にあるレビットシェル野外音楽堂でコンサートがありました。

レビットシェルは、メンフィスの由緒ある野外音楽堂、夏の間は毎週コンサートがあり、グラミー賞受賞者など世界的に有名なアーティストもたくさん出演して約50回のコンサートがあります。
そして、なんと、すべてのコンサートが無料です。

メンフィスは、19世紀から20世紀にかけて世界の綿花取引の中心地としてとても栄えた街。
今は綿花取引もなくなり、だいぶ寂しくなりましたが、かつての栄華が残してくれた財団がいくつかあってメンフィスでの文化活動が支えられています。世界的なアーティストが多く訪れ、市民は無料または格安の料金で世界的レベルの本物の芸術を楽しむことができます。

IMG_6103










こちらは、コンサートのフィナーレです。
私たち合唱団は、プッチーニのオペラ、ツバメから「あなたの爽やかな微笑みに乾杯」、ヴェルディのオペラ、イルトロバトーレから「鍛冶屋の合唱」、そしてフィナーレにはクイーンのボヘミアンラプソディーを歌いました。

子供たちも多いコンサートのせいか、突然、ピカチューとゴジラも登場。
ピカチューがなぜかオレンジ色でしたが、一緒にボヘミアンラプソディーを歌って(?)踊りました。

由緒あるレビットシェルでプロのオペラ歌手たちと一緒に歌えるとてもすてきな体験でした。