Perla di Yukiko by ユークルチェ Joekeltje

ジュエリーデザイナー由紀子のテネシーから世界へ日記

旅行

フランスでバカンス、家を借りるには?

living room今年の夏は、フランスで3週間の滞在型バカンス。
5人家族なので、パリでは郊外のキャンプ場のコテージを、南フランスでは、一軒家を借りました。
ヨーロッパでは、バカンスに一週間単位で
お家を貸りることができます。
写真は、南フランスのお家のダイニング&リビング。大きな家で広々とした庭付きで気持ちよいステイでした。


house smjお庭でお食事が楽しめました。 
インターネットでホリデーレンタルを検索し、値段とニーズをてらしあわせてオーナーと直接メールで交渉、予約しました。



cottageこれは、パリ郊外のキャンプ場のコテージ。キッチン、バス、トイレつき、リビング、寝室があって便利で充分なスペース。
庭にはマロニエやたわわに実がついたリンゴの木があり、お隣との間には生け垣もあります。

lunchだいたいは土曜日から土曜日までの一週間単位。パリのキャンプ場は1日単位でも借りられました。
ヨーロッパのホテルは高額なわりに内容が寂しいことが多く、外食も大変なので家族旅行には、なかなか便利でおトクコース。

個人オーナーの家は、サイトから連絡して予約し、銀行送金による前払いでした。英語で交渉できるオーナーもいますが、フランスはフランス語限定の人が多いようです。南仏のおうちは、フランス語のみのオーナーでやりとりがちょっと大変でしたが、グーグル翻訳を活用。数ページの契約証明書に署名して送り返す契約方式なので、自動翻訳はそういう時、便利でした。

パリ郊外のキャンプ場コテージは、英語が通じました。ここはクレジットカードで前払い制。

レンタカーは、ナビがついているので、パリなど大きな都市には、主要観光地の真下に駐車場があって便利でした。
車が運転できて滞在型の人にぜひおすすめの方法です。

holiday rentals in France、France villas rentalといった言葉を検索するといろんなサイトがあるので、値段や内容にあったところをみつけてください。
http://www.ownersdirect.co.uk/france.htm
http://www.frenchconnections.co.uk/

パリ郊外のコテージは以下のサイト。
持ち込みでキャンプもできます。

http://www.camping-de-la-colline.com/

Bonnes Vacances!

魅力の山、Mont Saint Victoire,サント ビクトワール山

st vic3サント ビクトワール山。
セザンヌやピカソなど、多くの画家たちが絵にした山です。
我が家の南フランスのバカンスは、
エクサンプロバンス郊外のSaint Marc Jaumegardeの家を借りました。

st vic postcards一家は、何も知らずに来たのですが、
近くにあるこの山、とても気になり、毎日あきずに眺めておりました。
道理で気になるわけですよね。
美術館に行ったら、いろんな画家がこの山を描いていることを発見しました。
これは、セザンヌの絵の絵はがき、よくみるとやっぱりこの山、この風景。
セザンヌが見た風景と同じ風景を見ていると思うとうれしくなりました。
picasso house
これは、ピカソが晩年住んだというおうち。古いお城、永眠先もここ。
うしろはサントビクトワール山。
家からほんの6キロのVauvenarguesという村にあります。

8月の観光ピークシーズンなのに、サンマルクジョームガルデもボーブアルグもとっても静か。どちらも森の中に、安くておいしく、雰囲気の良いレストランもあります。

エクサンプロバンスから車で10−20分の近距離なので、ゆっくりバカンスの人にお勧めの風景です。

Mont Sainte-Victoire ウィキペディアより


アビニョンの橋の上で、Sur le Pont St. Bénézet

benezet橋の上で輪になって踊る歌で有名な
アビニョンに行ってきました。
サン・ベネゼ橋(Pont St. Bénézet)です。
ローヌ川にかかる橋は、途中で終わっていました。 

le pont12世紀にたてられた橋は、
当時のものはほんの一部とのこと。

遠くに見えるのは、教皇宮殿
アビニョンは、教皇庁が一時ローマから移された歴史のある街です。

pont2橋の上に敷き詰めてある石。
歴史を見て来たのかな?

橋は、狭くて危ないので、本当に踊るのは橋の下だったそうで、歌詞も、橋の下(sous)が、いつの間にか、橋の上(sur) になったそうです。
どうりでだれも踊っていませんでした。
来る観光客がみんな踊ったら楽しいのにな〜んて思いました。
 

モナコは香港みたいだった

monaco南フランスに来たからにはと、
モナコに行ってきました。 
狭いところにぎっしり、
崖に張り付いて建物がたつ風景は
香港みたいでした。


monaco constructionあっちこっちで建設中なのも
香港みたいでした。





monaco slope1香港みたいにたくさん銀行や
高級ショッピングセンターがあって
街行く人もおしゃれなんですが、
階段をどんどん登って行くと 
けっこう庶民的でした。


 plate車のナンバープレートの
桁数が少ないのも
小さな国だからこそ。
香港から来るとモナコってなんだか
なつかしいところでした。 

ラベンダーおじさんと感激の再会!

Cauvinラベンダーおじさんのコーバンさんと再会しました!
なんと20年ぶり。
お店は、全くそのまま。
うれしくて盛り上がり、楽しくおしゃべりしました。

lavender products20年前、南フランス旅行中、
有名なヴェルドン渓谷を見に行き、
山の上で羊の群れが通るのを待つ間、
コーバンさんの小さなお店でラベンダーオイルを買いました。

lavender自分のラベンダー畑のラベンダーで作る
ラベンダーのポプリとオイル、
ラベンダーの花束。
ラベンダー石けんやはちみつもある、
ラベンダーの専門店です。
(屋台とも言う!?)

Gorge de Verdonここのラベンダーオイル、
何年たっても良い香りのままなんです。

コーバンさん、創業から45年だそうです。
こだわりが続く秘訣のようです。

おみやげにたくさん買い込みました。
写真は、ヴェルドン渓谷。
各国の観光客でいっぱいでした。 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール

ユークルチェ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ