Perla di Yukiko by ユークルチェ Joekeltje

ジュエリーデザイナー由紀子のテネシーから世界へ日記

文化

Rowan Oak - ウィリアムフォークナー(ノーベル文学賞作家)の家

メンフィスから南東へ1時間半ほど車で行くと
オックスフォードというこぢんまりしたミシシッピ大学のある大学街があります。
そこにある、ノーベル文学賞を受賞した20世紀アメリカ文学の巨匠、
ウィリアム フォークナー(William Faulkner、1897-1962)の家を訪れました。
IMG_2233 











Rowan Oak(ローワンオーク)と名付けられた白い家は、 森の中の木立を通り抜けたところにあります。

広々とした敷地にたてられた家は、当時のままに残されていて、フォークナーの普段の生活がしのばれます。
IMG_2261











書斎にあるこのタイプライターでたくさんの傑作が生み出されました。
ゴルフバッグが立てかけてありました。

IMG_2260













書斎の壁に書かれていたフォークナー自筆のメモ。
月曜日、火曜日などの一週間分のメモは「寓話」の内容を書き残したものだそうです。
几帳面な字から人柄がしのばれます。

IMG_2265











1950年にフォークナーがストックホルムでノーベル文学賞を受賞した 様子です。

IMG_2256

 









フォークナーは1955年、日本の長野にセミナーで訪れており、
そのときに持ち帰った日本人形が客間に飾ってありました。

IMG_2263











フォークナー家の食堂。
フォークナー家には、あとになってから母屋に台所が設けられたそうですが、
買い取った当時は、台所は離れにあったそうです。

当時のアメリカ南部の社会的に地位のある家庭ではメイドがいて、
裏にメイドの住む離れ、
またその人たちが料理をする台所が別棟に建てられるのが普通だったそうです。

昔の奥さんたちは、料理をすることもない生活をしていたようです。

IMG_2254











グランドピアノのある客間。
入口を入ってすぐ右側にあります。


子どものころ、家の書棚にあった世界文学全集からひっぱり出して読んだのが
フォークナーの「八月の光」、「サンクチュアリ」でした。
中学生の私には重く難解な題材で話の内容もあまり覚えていませんが、
フォークナーという名前の作家がいたことはよく覚えています。
今、私はその人が暮らしたところからさほど遠くない土地に暮らしています。

夏になると40℃近くの気温がずっと続く暑い暑い八月。
奴隷を使って栽培していた綿花の畑。
青空の日が多く、明るい大地ですが、
アメリカ南部はとても複雑な人間関係がある土地柄です。

少女の頃、遠い日本から思いを馳せていた大地に私が今暮らしていることに感慨の念を覚えます。

IMG_2251












いつもは晴れるのに、訪れた日はあいにくの小雨模様。
庭に紫の花が咲いているのがとてもきれいでした。

参照
ウィリアム フォークナー Wikipedia


Rowan Oak
住所: Old Taylor Rd, Oxford, MS 38655
電話:(662) 234-3284
営業時間:
 
月曜日定休日
火曜日ー土曜日10時00分~16時00分
日曜日13時00分~16時00分










Cecilia Bartoli コンサートに行ってきました

Cecilia Bartoli (チェチリア バルトーリ)さんの
コンサートに行ってきました。

2ー3月は、香港芸術祭の季節。
たくさんの有名な芸術家が香港にやってきます。

現在、クラシック歌手では世界一とされるチェチリアさんの
歌声を聞いて感動してきました。
歌のテクニックもすばらしいけど、
ピアニストと息がぴったりの楽しい演出で、
二人だけのステージなのに、すごい迫力。

香港のクラシックコンサートでこんなに湧いたの初めてみました。

ピアニストもピアノだけでなく、リコーダー、鳥の声の笛と、
コミカルな演出。
二人だけで会場を湧かせまくるサービス精神あふれるステージに
私も多いに学びました。
来週の千葉と東京のジュエリーショーで、
ここで学んだサービス精神をお届けしますね!

チェチリア バルトーリさんの歌声を
以下のユーチューブでお楽しみください。
シンガー由紀子がハノイの漆画個展オープニングパーティ&ユークルチェジュエリーショーで歌ったCaro mio benです。
こんな風に私も歌ってみたいものです!

'Caro mio ben' by Cecilia Bartoli

Kemble インターネットピアノコンクール

友人のShaw  安輝子さんが
Kemble Piano Competitionという
インターネットでのピアノコンクールに出ています。

安輝子さんは、香港で知り合った友人ですが、
子育てをしながら、ずっと幼いころからの夢を捨てずに
ピアノと向き合ってきました。

ご主人の転勤でロンドンなど各地に引っ越しましたが、
ピアノを勉強し続けてきました。
子育てが一段落してこの度、ピアノコンクールに応募。
ショパンのバラードを弾いています。

夢はあきらめずに見続ければかなう。
何歳になってもがんばるその姿に感動します。
演奏が気に入られた方はぜひご投票ください。

そして、あなたの夢もかなえてください。


 

香港アートウォーク


HK art walk 025
香港アートウォークに行ってきました。







HK art walk 029毎年3月に一晩だけ催される
ギャラリーホッピング

HK$430の入場料を支払うと
参加しているたくさんの
ギャラリーを訪れて絵を楽しむことができます。


IMG_2801もうひとつのお目当ては
各ギャラリーごとに
レストランなどのスポンサーが
提供するスナックやワイン。
それぞれのギャラリーで
異なる作風の絵とともに
各種の料理とワインを楽しめます!

IMG_2805いろんな人に会ったりして
おしゃべりにも花が咲き、
アートとワインでハッピーに盛り上がる
香港の夜はふけていくのでした。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール

ユークルチェ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ