Perla di Yukiko by ユークルチェ Joekeltje

ジュエリーデザイナー由紀子のテネシーから世界へ日記

メンフィス

Rowan Oak - ウィリアムフォークナー(ノーベル文学賞作家)の家

メンフィスから南東へ1時間半ほど車で行くと
オックスフォードというこぢんまりしたミシシッピ大学のある大学街があります。
そこにある、ノーベル文学賞を受賞した20世紀アメリカ文学の巨匠、
ウィリアム フォークナー(William Faulkner、1897-1962)の家を訪れました。
IMG_2233 











Rowan Oak(ローワンオーク)と名付けられた白い家は、 森の中の木立を通り抜けたところにあります。

広々とした敷地にたてられた家は、当時のままに残されていて、フォークナーの普段の生活がしのばれます。
IMG_2261











書斎にあるこのタイプライターでたくさんの傑作が生み出されました。
ゴルフバッグが立てかけてありました。

IMG_2260













書斎の壁に書かれていたフォークナー自筆のメモ。
月曜日、火曜日などの一週間分のメモは「寓話」の内容を書き残したものだそうです。
几帳面な字から人柄がしのばれます。

IMG_2265











1950年にフォークナーがストックホルムでノーベル文学賞を受賞した 様子です。

IMG_2256

 









フォークナーは1955年、日本の長野にセミナーで訪れており、
そのときに持ち帰った日本人形が客間に飾ってありました。

IMG_2263











フォークナー家の食堂。
フォークナー家には、あとになってから母屋に台所が設けられたそうですが、
買い取った当時は、台所は離れにあったそうです。

当時のアメリカ南部の社会的に地位のある家庭ではメイドがいて、
裏にメイドの住む離れ、
またその人たちが料理をする台所が別棟に建てられるのが普通だったそうです。

昔の奥さんたちは、料理をすることもない生活をしていたようです。

IMG_2254











グランドピアノのある客間。
入口を入ってすぐ右側にあります。


子どものころ、家の書棚にあった世界文学全集からひっぱり出して読んだのが
フォークナーの「八月の光」、「サンクチュアリ」でした。
中学生の私には重く難解な題材で話の内容もあまり覚えていませんが、
フォークナーという名前の作家がいたことはよく覚えています。
今、私はその人が暮らしたところからさほど遠くない土地に暮らしています。

夏になると40℃近くの気温がずっと続く暑い暑い八月。
奴隷を使って栽培していた綿花の畑。
青空の日が多く、明るい大地ですが、
アメリカ南部はとても複雑な人間関係がある土地柄です。

少女の頃、遠い日本から思いを馳せていた大地に私が今暮らしていることに感慨の念を覚えます。

IMG_2251












いつもは晴れるのに、訪れた日はあいにくの小雨模様。
庭に紫の花が咲いているのがとてもきれいでした。

参照
ウィリアム フォークナー Wikipedia


Rowan Oak
住所: Old Taylor Rd, Oxford, MS 38655
電話:(662) 234-3284
営業時間:
 
月曜日定休日
火曜日ー土曜日10時00分~16時00分
日曜日13時00分~16時00分










Delicious おいしい Japan @ Memphis Botanic Garden

メンフィスボタニックガーデンの「おいしい日本」イベントに参加してきました。
毎年の恒例イベントで、今年は例年より多い数百人が参加して大盛況でした。

IMG_0655
愛の義理チョコハート

日本の食と文化を紹介するJAST(テネシー日米協会)主催の会に、
私の日本仕様ジュエリーがミニ参加しました。
日本人デザイナー由紀子の小物ジュエリーでなごみ時間をお届けです。

メンフィスは、娯楽が少ない街です。
日本人も領事館に登録している人は、わずか180人。
遠く離れた日本に思いを馳せて、日本の凝ったイベントに少しでも近づけて日本のみなさんに楽しんでいただき、アメリカの人たちには日本のことを理解していただこうという日米友好のイベントです。

季節柄、独特な日本式バレンタインデーを紹介しようと
ハートのオーナメントにLOVEと愛をこめた日本ならではの義理チョコを考案。
リボンで赤く印刷した愛という文字にチョコレートをくくりつけ、
愛の義理チョコ(Obligation Chocolate)も作成して販売しました。
写真の真っ赤なハートのオーナメントです。

久しぶりの義理チョコという響きに笑顔がこぼれる日本人の人たち、
アメリカ人は義理チョコって何?と、不思議そうに見入って、一緒にすごす楽しい時間となりました。

IMG_0657

ジュエリーは、イベントに合わせて小物が登場です。
おにぎりや手作りケーキ、手作り品と並べて、
お食事の合間に日本の手仕事の良さをアピールしました。

IMG_0688

会場では日本人シェフによる巻寿司の実演があり、巻き寿司、ちらし寿司、チキンカツ、そば、といった日本料理の定番の即売がありました。

IMG_0674

日本の文化習慣の紹介して、日本人有志によるおもちつきです。
かけ声がひびく元気なおもちつきでした。

IMG_0663

盛況に華を添えて、我が息子のアラン、カールとその友だちのケルビンのスタックスミュージックアカデミーのジャズ部精鋭高校生&大学生ジャズトリオがジャズの生演奏をしました。
日米の架け橋となってのアメリカ音楽の演奏は大好評でした。

IMG_0671

メンフィス美女の敦子さん&倫子さんがお手伝いをしてくださり、
私たちのミニ日本ショップは売り切れ続出の大盛況。
おかげでとても楽しい一日となりました。

たくさんのお越し下さった方々、お手伝いくださった方々、
どうもありがとうございました。

詳細はクリックしてご覧ください。

テネシー日米協会
Japan-America Society of Tennessee

メンフィスボタニックガーデン(植物園)
Mempshi Botanic Garden




House Concert (ハウスコンサート)

ハウスコンサートに行ってきました。

IMG_0023

メンフィスの東側にはすてきなお屋敷がたくさん立ち並んでいますが、
その一軒でホームジャズコンサートがありました。

Michael Jefry Stevens (マイケル ジェフリー スティーブンス)トリオの演奏です。
もう何年も恒例のコンサートで、
来るお客様も毎年楽しみにしているそうです。

ホストは、銀行にお勤めのマダムとそのご主人。

IMG_0007

おもてなし上手のホストは、おつまみとワイン、パンチなどをふんだんに用意。
笑顔でお家に迎えいれてくれ、コンサート前にワインとおつまみで
すでにしあわせ気分です。

ピアニストのマイケルさんは、ニューヨーク出身の世界中で演奏するジャズピアニスト。
トリオでスタンダードジャズの他、オリジナル曲の演奏もありました。
楽器演奏の他に歌もあって工夫してある楽しいコンサートでした。

IMG_0031

やはり、ジャズはゆったりとくつろいで聞くのが良いですが、
ソファに深々と腰掛けて、レベルの高い生演奏を間近に聞きながらワイングラスを傾けるなんてめちゃくちゃ至福の時間です。

グランドピアノは、なんとマイケルさんが毎年メンフィスで演奏できるようホストが用意したそうです。
メンフィスの家は広いのでグランドピアノが似合います。

アメリカでは、上流階級の人たちがミュージシャンを迎えてホームコンサートを開くのが盛んです。
かなりのレベルのミュージシャンになると、根強いファンの人たちの応援を受けて
このように各地でまわってホームコンサートをする人も多いようです。

このコンサート、飲み物、おつまみがついてお一人様US$35。
一晩ゆっくり楽しめてお得でした。

ホームコンサートは、インビテーションオンリー。
今回は、我が家の息子たちがマイケルさんの弟子なのでご招待いただきました。
ホストや他のお客さまたちとも歓談して、他の音楽好きとの出会いがあり、
とてもすてきなコンサート&パーティでした。

そのうち、我が家でもこうしたコンサートを開いてみたいものです。








Jazz @ Westin Memphis ーウェスティンメンフィスでジャズを楽しむ

メンフィスウェスティンの金曜日のジャズセッションをビデオでご紹介します。

16歳の高校生ジャズミュージシャン、Carl & Alan Maguire が
Steve Lee (ジャズピアニスト)とジャムセッションするビデオです。

曲はスタンダードナンバーのSolar

 

プロのミュージシャンと一緒にぶっつけ本番で演奏させてもらうことを
英語で、Sit In というそうです。

先輩たちも、自分がはじめてSit Inさせてもらったときの経験談を披露してくれて
最初はドキドキしたものだ、などという話をしてくれます。

ジャズミュージシャンは、このSit Inがハードル。
これを超えてどんどん吸収することによって成長するのだそうです。

会を重ねるごとに上達する高校生2人組。
これからの成長ぶりにご期待ください。

Carl Maguire  drum
Alan Maguire bass

Facebook:  http://www.facebook.com/carlalanmaguire

Sun Studio(サンスタジオ)メンフィスミュージックホットスポット

1956年12月4日のことです。
Elvis Presley, Carl Perkins, Johnny Cash, Jerry Lee Lewisの4人ががメンフィスのSun Records(サンレコード)のスタジオに集りました。

IMG_4707

その時の記念すべき写真が、ここ、サンスタジオにかかっています。
後にそれぞれがとても有名になり、ビートルズなど、いろんなミュージシャンに影響を与える人たちとなりました。

その写真からMillion Dollar Quartetというブロードウェイミュージカルも生まれました。

サンスタジオは、メンフィスのダウンタウンにあり、実物をみるととっても小さい。
道路と道路に挟まれた小さな3角形の建物です。

正直言って、こんなに小さいところで何が見られるのか不安でした。IMG_4670

中に入ったら、狭いところにこんなに人がいてびっくりしました。

1950-1970年代、一世を風靡したところで、
世界中から観光客がそのころの音楽シーンを実感するためやってきます。

展示物は、エルビスプレスリーのものなど、当時のサンレコードから
はばたいていった人たちにまつわる物がたくさん展示されています。

一回がスタジオとラウンジ、二回が展示室です。

エルビスプレスリーの高校の卒業証書など、思い出の品々がたくさんありました。

高校を卒業後、大志を抱くエルビスは、このサンレコードに通い詰め、
デビューさせてもらえるチャンスをねらっていました。
自費で一枚レコードも出したそうです。

若い青年になかなかそんなチャンスは巡って来ないものですが、
エルビスはあきらめずに約一年通い詰めたそうです。
スタジオの人たちはあきもせずに通い詰める若い情熱を見続けて、
約1年後、レコーディングの話が持ち上がり、
そこから大スターになっていきました。

IMG_4675

Sun(太陽)ということで、このにわとりのロゴがデザインされました。
オーナーの高校の同級生がデザインしたそうです。

こぢんまりしたスタジオですが、
サンレコードが好きでたまらないという情熱にあふれたガイドさんのトークを聞くと当時の生き生きとした様子がしのばれます。
名曲が生まれて行ったホットスポットを直に体験できるスタジオです。
ロックンロールと行ったらここなんだそうです。

ミリオンダラーカルテットの4人の大きな写真が飾ってあるスタジオは、
当時の様子のままに残されているのですが、
当時録音に使っていたというマイクがあり、
希望者は、それを持って写真に収まることができます。

IMG_4704

私も当時の有名人が録音に使ったというマイクをもって写真に収まりました。
ご利益ありそうです。

メンフィスに来たら、ぜひお立寄りいただきたいホットスポットです。

ウェブサイトはこちらをクリック
Sun Records

Sun Studio
Area39,200 ft² (3,642 m²)
OpenedJanuary 3, 1950
Hours:
Mon-Sun 10am–6:15pm
Address706 Union Ave, Memphis, TN 38103
Phone(901) 521-0664


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール

ユークルチェ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ