Perla di Yukiko by ユークルチェ Joekeltje

ジュエリーデザイナー由紀子のテネシーから世界へ日記

アメリカ

Raffaelloの名画、「一角獣を抱く貴婦人」

オハイオ州のシンシナティ美術館でラファエロの絵をみました。
「一角獣を抱く貴婦人」です。

イタリア、ローマのボルゲーゼ美術館所蔵ですが、2016年1月までオハイオ州シンシナティの市立美術館に展示されています。

Rafaello's Lady with Unicorn
 


















1506年に描かれた神秘的な表情の女性はユニコーン(一角獣)をだいています。ユニコーンという架空の動物は何かのシンボルであったのかもしれないということです。

少し前に描かれたレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」の構図をまねたとされている絵はなるほど、背景に自然の山があって似ています。パリのルーブル美術館にあるモナリザのようにちょっと薄暗くした大きな部屋に堂々と一枚だけ飾られていました。

そのシンシナティ美術館で出会ったこの絵をみて、デザイナー由紀子は、貴婦人のつけているジュエリーがとても気になりました。

真珠養殖業を成功させた日本の御木本幸吉さんのおかげで現在世界の女性は真珠を気軽につけることができます。しかし、この貴婦人は、胸にとても大きな四角いルビーにエメラルドがちりばめられ、大粒の真珠がぶらさがったペンダントをしています。現代でもこれほど大きなルビーにはなかなかめぐり会うことがありません。

当時、真珠養殖など時代ですから、真珠取りの人がたくさんの貝をあけてたまたまみつけたのがこの大粒の真珠と思われます。ルビーもすごいですが、このジュエリーはどんなにか高価だったことでしょう。

この絵は、結婚のお祝いに贈られたものだそうです。
写真がない時代で、画家を雇って肖像画を書いてもらう時代です。絵の具もチューブに入ったものなどなく、いろいろな色の鉱物をすりつぶして油と混ぜて画家が自分で作る時代ですから、オーダーできる人もそれなりの人と察します。オーダーするのがラファエロというのが特にすごいですが…

今ではこのサイズの真珠は養殖技術が進んだおかげで高価とはいえ、普通の人が買える値段になり、私も扱えるようになりました。当時は普通の人が眺めることさえできかったのではないか思うと、時代の変遷を強く感じるひとときでした。

こんなジュエリーをいつか再現してみたいものです。

このシンシナティ市立美術館は、たくさんのすばらしいコレクションがあり、一日では全く時間が足りません。数々のヨーロッパの名画に圧倒されましたが、日本美術工芸品のコレクションもすばらしいものです。日本の陶器から影響を受けた非常に技術の高いシンシナティのロックウッドという窯のコレクション、ガラス、衣服などのコレクションもなかなかのものでまた行ってじっくりみたいと思わせてくれる美術館でした。
 

ヘレン・ケラーの生家を訪ねて

奇跡の人、ヘレン・ケラー (Helen Keller 1880-1968)の生家を訪ねました。

IMG_5807










目が見えず、耳も聞こえない二つの障害を持ちながら教育を受け、世界40カ国を旅して障害者の教育と福祉の発展に尽力した人は、私が現在住んでいるテネシー州メンフィス郊外から車で2時間半ほどのアラバマ州タスカンビア(Tuscumbia, Alabama)という小さな街で生まれました。現在人口が8,500人ほどの街です。
お母さんのケイトはメンフィス出身だそうです。

アイヴィ・グリーン(Ivy Greenー日本語で緑のツタという意味)と名付けられた家は、雨が降っていたこともあって緑がとてもあざやか。
広い庭のある白い家でした。

IMG_5836










音と光のない世界にいる幼いヘレンには言葉が届かず、手が付けられない子どもになって家族を困らせていました。そこへ若き家庭教師、アン・サリバンがやってきて、ヘレンの手につめたい水をかけながら、片方の手に「WATERー水」と書いて、すべての物に名前があることを教えたことは有名な話しです。

その奇跡の瞬間があったのはこの井戸端。
ケラー家の裏庭にあります。


IMG_5901










壁にヘレンと家族の写真が飾ってありました。
家の中も当時と同じようにしつらえてあり、当時の息づかいが感じられるような家でした。

IMG_5810










これがケラー家のダイニングルーム。どんな食事をしたのでしょう?

IMG_5818










居間の片すみにオルガンがおいてありました。音楽を楽しむ一家だったようです。




IMG_5834










こちらが、台所。
当時の南部では火を使うので台所は外にあるのが普通でした。

ヘレンはサリバン先生の助けを受けて学問を極め、大学もボストンで卒業し、生涯アメリカ東海岸で暮らしたのでこの家で過ごした8歳までの幼少期です。

IMG_5831










これがヘレン直筆の手紙。
パーティへの招待状です。目が見えない人が書いたとはとても思えない整った文字と文章です。

目が見えず、音が聞こえない世界の人がここまでするのはどんなにか大変だったことだろうと思います。サリバン先生と2人で人並みならぬ努力をしたことが伺えます。



 

















そして、ヘレンは、3度日本を訪れ、各地で講演しました。家の中に写真や各国に出かけてもらってきた贈り物が飾ってありました。

日本では、忠犬ハチ公のことを聞いて感動し、秋田犬を所望。神風号と剣山号という2匹の秋田犬をアメリカに連れて帰りました。

これがアメリカに渡ったはじめての秋田犬といわれています。
今、アメリカでは、秋田といえば犬。ファンも多く、各地に秋田犬愛好家クラブがあります。

私の故郷は秋田県。
ヘレン・ケラーは、1937年に秋田を訪れています。
当時の記事をネットでみつけることができました。
こちらをクリックしてご覧ください。

アラバマで、ヘレン・ケラーのおかげで、故郷がちょっぴりなつかしくなりました。
案外と世界は狭いものなのを感じました。

 

Perla di Yukiko

Perla di Yukikoスタートしました。
イタリア語で、「由紀子のパール」という意味です。

IMG_7120












デザイナー由紀子は、やっぱり大好きなパールが大好き。
これからクリスマスにむけて一粒ずつじっくり選ぶパールで作ったジュエリーをお客さまにお届けします。

11月6日はオハイオ州シンシナティで初めてのジュエリーショーを開催します。
お近くの方はぜひ!

アメリカにはスチュワーデス時代を数えると100回くらい来ていますが、オハイオ州は飛行場で一度乗り換えしたことしかないので初めての旅。
とても楽しみです。

DSC03839










10月のテネシー州ジャクソンのショーでとても人気だった大粒南洋真珠のペンダント。

選りすぐりのきれいな真珠だからこそ、シンプルなトップです。
いろんな飾りをつけなくとも良い真珠は一粒で付ける人と調和してストーリーを自ら語ってくれるからです。

このクリスマスは、南洋真珠ペンダントトップが、各種お目見えです。

12月5日は、お昼はテネシー州ジャクソンの西テネシー・アーティザンのグループ展。
夜にはメンフィスに走って、ブルックス美術館のプレビュー・パーティ。
12月6日は、ブルックス美術館のクリスマス・アーティスト・マーケットに出展します。

ちなみに、ブルックス美術館は、知る人ぞ知る名画がたくさんあります。

DSC03876

















こちらはルノワール。

日本だと印象派の絵が一枚あるだけで全国から観光客が来ますが、メンフィスは、ひっそりと展示されているので、じっくりと向き合って鑑賞できます。

ユトリロ、シスレー、コローなどの名画にたくさん向き合えます。

メンフィスはフランスの印象派の画家たちを支えたコレクターたちがいた古い街なので、その人たち亡き後、美術館に寄付されたそうです。値段がつけられないような名画がたくさんある美術館でジュエリー展示ができるのもとても光栄なこと。

私のジュエリーをお買い求めになったらぜひすぐに装いに加えてそのまま名画を楽しんでおかえりいただきたい場所です。

ブルックス美術館クリスマスマーケットは、おつまみとワインもあるので、ハッピーにショッピングと名画を楽しめるメンフィスならではの優雅なイベント。

ぜひぜひお越しください!











The Jazz Messengers Legacy Band ジャズメッセンジャーズレガシーバンド

1950年代から1980年末まで世界中をジャズの旋風に巻き込んだバンド、アート・ブレイキーとジャズメッセンジャーズ。
ジャズのメッセージを伝える人たちとして世界中にアメリカ音楽であるジャズを広めたすばらしいミュージシャンたちの集団です。
アート・ブレイキーArt Blakey1919年10月11日 - 1990年10月16日

「モーニン」、「チュニジアの夜」などの代表曲はみなさん、どこかで聞いたことがある有名な曲です。リーダーのアート・ブレイキーという人は、親日家としても有名ですが、若手ミュージシャンをたくさん育てたことでも有名です。現在世界で活躍している有名なジャズミュージシャンの多くがジャズメッセンジャーズから巣立った人たちです。

そのメッセンジャーズ卒業生の精鋭たちが今年30年以上ぶりにこの10月、メッセンジャーズサウンドを再現します。ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコ、カンザスシティー限定です。

ピアノ担当のドナルド・ブラウン氏が我が家の双子ミュージシャンたちの先生で、我が家みんなで応援しているのでご紹介します。というか、応援できることはとても光栄なことです。

MessengerPromo











ジャズメッセンジャーズの精鋭たちの集まりを聞けるまたとないこのチャンス、私もカンザスシティーまで行って聴いてきます。
詳細は後ほどブログでご紹介いたします。


The Messengers Legacy (メッセンジャーズレガシーバンド)

 

ザ・メッセンジャーズレガシー(The Messengers Legacy)は、アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセージャーズというジャズの世界で最も影響力のあったバンドのエリートメンバーによるグループです。メンバーはベースマスターとして有名なレジー・ワークマン、アルトサックスにドナルド・ハリソン、トランペットはブライアン・リンチ、テナーサックスをビリー・ピアス、ピアノはドナルド・ブラウン、そしてドラム担当はラルフ・ピーターソン。アート・ブレイキーの誕生日である1011日にあわせて今年再結成されます。
 

このような由緒あるバンドをリードするドラマーは、ピーターソンよりふさわしい人はいないでしょう。30年前、当時21歳の新人だったピーターソンは1983年構成されたザジャズメッセンジャーズ2ドラムビッグバンドでブレイキーと共に演奏するドラマーに抜てきされ、マスター本人から直々に指導を受けました。ピーターソンは、ブレイキーが亡くなるまでビッグバンドでセカンドドラマーとして活躍しました。
 

レジー・ワークマンは1962年にザ・メッセンジャーズに参加。そして最も革新的な時期と呼べる時代のバンドメンバーです。それから50年後の今、レジー・ワークマンは、あの頃と変わらぬ華々しい活動を続け、プロデュース、音楽教育ワークショップ指導などの他、全米はもちろん国際舞台で定期的にツアーを行っています。ビリー・ピアスは、ピーターセンがミケルズに初出演した夜に共に出演。70年代後半から80年代中盤まで活躍した主要メンバー。ドナルド・ブラウンは1981年から1982年までジャズメッセンジャーズのメンバー。ドナルド・ハリソンは、1983年にメンバーとなり、ブライアン・リンチはアート・ブレイキーが亡くなるまで活動したザ・メッセンジャーズ最後のバンドメンバーの1人でした。
 

このミュージシャングループは自身にとって単なるバンドリーダーに留まらなかった人間の遺志を守り、伝え、そして讃えようとしています。このグループは、アメリカ音楽史において最も重要な音楽修行機関の一つであったバンドの新たな解釈を生み出す可能性を秘めているでしょう。ピーターソンは、メッセンジャーズの各世代を代表するメンバーが結集し、これが今一番本物のメッセンジャーズに近いバンドと言えると語っています。


日本でもこの音色が聴けるようになるといいですね!


Small's Jazz Club ジャムセッション in ニューヨーク

ニューヨークへジャズを捜しに行った我が家がたどりついたのは、
Small's Jazz Club
グリニッジビレッジにあります。
いろんな所からのプロミュージシャンたちが集うスモールズジャズクラブは
メンフィスのプロミュージシャンたちのおススメのジャズスポットだそうです。

IMG_1543
 







狭い階段をおりると40年ジャズバイオリンを弾いているという
ニューヨークジャズシーンの絵になるようなミュージシャンがお出迎え。
その人に入場料を払って入ると(ジャムセッションはミュージシャンはただ)
奥にステージがあるこぢんまりとした雰囲気の良いSmall's Jazz Clubです。

IMG_1554

 






日曜日の午後は、プロのミュージシャンとジャムセッションができます。
午後4時から午後7時までの間、
各地から来たというミュージシャンたちがニューヨークのミュージシャンたちと
演奏する熱気あふれるジャムセッションです。

我が家の高校生ジャズミュージシャンもプロに混じって演奏しました。

IMG_1573
 







ジャズはimprovisasion(即興)ができることが必須。
初めての場所で初めての曲もどんどんこなしていくのがジャズ演奏の醍醐味です。
双子ミュージシャンもチャレンジして
ニューヨークサウンドにトライしました。

はじめて出会った曲ですが、ニューヨークのミュージシャンたちと一緒に
ドラムをたたかせてもらったCarl Maguireの演奏をお楽しみください。



Dindiは、フランクシナトラのバージョンが有名です。

アメリカのミュージシャンたちは後進にも気さくにいろいろと教えてくれて本当に親切。
毎回新しい出会いに感謝です。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール

ユークルチェ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ