メンフィスから南東へ1時間半ほど車で行くと
オックスフォードというこぢんまりしたミシシッピ大学のある大学街があります。
そこにある、ノーベル文学賞を受賞した20世紀アメリカ文学の巨匠、
ウィリアム フォークナー(William Faulkner、1897-1962)の家を訪れました。
IMG_2233 











Rowan Oak(ローワンオーク)と名付けられた白い家は、 森の中の木立を通り抜けたところにあります。

広々とした敷地にたてられた家は、当時のままに残されていて、フォークナーの普段の生活がしのばれます。
IMG_2261











書斎にあるこのタイプライターでたくさんの傑作が生み出されました。
ゴルフバッグが立てかけてありました。

IMG_2260













書斎の壁に書かれていたフォークナー自筆のメモ。
月曜日、火曜日などの一週間分のメモは「寓話」の内容を書き残したものだそうです。
几帳面な字から人柄がしのばれます。

IMG_2265











1950年にフォークナーがストックホルムでノーベル文学賞を受賞した 様子です。

IMG_2256

 









フォークナーは1955年、日本の長野にセミナーで訪れており、
そのときに持ち帰った日本人形が客間に飾ってありました。

IMG_2263











フォークナー家の食堂。
フォークナー家には、あとになってから母屋に台所が設けられたそうですが、
買い取った当時は、台所は離れにあったそうです。

当時のアメリカ南部の社会的に地位のある家庭ではメイドがいて、
裏にメイドの住む離れ、
またその人たちが料理をする台所が別棟に建てられるのが普通だったそうです。

昔の奥さんたちは、料理をすることもない生活をしていたようです。

IMG_2254











グランドピアノのある客間。
入口を入ってすぐ右側にあります。


子どものころ、家の書棚にあった世界文学全集からひっぱり出して読んだのが
フォークナーの「八月の光」、「サンクチュアリ」でした。
中学生の私には重く難解な題材で話の内容もあまり覚えていませんが、
フォークナーという名前の作家がいたことはよく覚えています。
今、私はその人が暮らしたところからさほど遠くない土地に暮らしています。

夏になると40℃近くの気温がずっと続く暑い暑い八月。
奴隷を使って栽培していた綿花の畑。
青空の日が多く、明るい大地ですが、
アメリカ南部はとても複雑な人間関係がある土地柄です。

少女の頃、遠い日本から思いを馳せていた大地に私が今暮らしていることに感慨の念を覚えます。

IMG_2251












いつもは晴れるのに、訪れた日はあいにくの小雨模様。
庭に紫の花が咲いているのがとてもきれいでした。

参照
ウィリアム フォークナー Wikipedia


Rowan Oak
住所: Old Taylor Rd, Oxford, MS 38655
電話:(662) 234-3284
営業時間:
 
月曜日定休日
火曜日ー土曜日10時00分~16時00分
日曜日13時00分~16時00分