Perla di Yukiko by ユークルチェ Joekeltje

ジュエリーデザイナー由紀子のテネシーから世界へ日記

音楽

The Jazz Messengers Legacy Band ジャズメッセンジャーズレガシーバンド

1950年代から1980年末まで世界中をジャズの旋風に巻き込んだバンド、アート・ブレイキーとジャズメッセンジャーズ。
ジャズのメッセージを伝える人たちとして世界中にアメリカ音楽であるジャズを広めたすばらしいミュージシャンたちの集団です。
アート・ブレイキーArt Blakey1919年10月11日 - 1990年10月16日

「モーニン」、「チュニジアの夜」などの代表曲はみなさん、どこかで聞いたことがある有名な曲です。リーダーのアート・ブレイキーという人は、親日家としても有名ですが、若手ミュージシャンをたくさん育てたことでも有名です。現在世界で活躍している有名なジャズミュージシャンの多くがジャズメッセンジャーズから巣立った人たちです。

そのメッセンジャーズ卒業生の精鋭たちが今年30年以上ぶりにこの10月、メッセンジャーズサウンドを再現します。ニューヨーク、ボストン、サンフランシスコ、カンザスシティー限定です。

ピアノ担当のドナルド・ブラウン氏が我が家の双子ミュージシャンたちの先生で、我が家みんなで応援しているのでご紹介します。というか、応援できることはとても光栄なことです。

MessengerPromo











ジャズメッセンジャーズの精鋭たちの集まりを聞けるまたとないこのチャンス、私もカンザスシティーまで行って聴いてきます。
詳細は後ほどブログでご紹介いたします。


The Messengers Legacy (メッセンジャーズレガシーバンド)

 

ザ・メッセンジャーズレガシー(The Messengers Legacy)は、アート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセージャーズというジャズの世界で最も影響力のあったバンドのエリートメンバーによるグループです。メンバーはベースマスターとして有名なレジー・ワークマン、アルトサックスにドナルド・ハリソン、トランペットはブライアン・リンチ、テナーサックスをビリー・ピアス、ピアノはドナルド・ブラウン、そしてドラム担当はラルフ・ピーターソン。アート・ブレイキーの誕生日である1011日にあわせて今年再結成されます。
 

このような由緒あるバンドをリードするドラマーは、ピーターソンよりふさわしい人はいないでしょう。30年前、当時21歳の新人だったピーターソンは1983年構成されたザジャズメッセンジャーズ2ドラムビッグバンドでブレイキーと共に演奏するドラマーに抜てきされ、マスター本人から直々に指導を受けました。ピーターソンは、ブレイキーが亡くなるまでビッグバンドでセカンドドラマーとして活躍しました。
 

レジー・ワークマンは1962年にザ・メッセンジャーズに参加。そして最も革新的な時期と呼べる時代のバンドメンバーです。それから50年後の今、レジー・ワークマンは、あの頃と変わらぬ華々しい活動を続け、プロデュース、音楽教育ワークショップ指導などの他、全米はもちろん国際舞台で定期的にツアーを行っています。ビリー・ピアスは、ピーターセンがミケルズに初出演した夜に共に出演。70年代後半から80年代中盤まで活躍した主要メンバー。ドナルド・ブラウンは1981年から1982年までジャズメッセンジャーズのメンバー。ドナルド・ハリソンは、1983年にメンバーとなり、ブライアン・リンチはアート・ブレイキーが亡くなるまで活動したザ・メッセンジャーズ最後のバンドメンバーの1人でした。
 

このミュージシャングループは自身にとって単なるバンドリーダーに留まらなかった人間の遺志を守り、伝え、そして讃えようとしています。このグループは、アメリカ音楽史において最も重要な音楽修行機関の一つであったバンドの新たな解釈を生み出す可能性を秘めているでしょう。ピーターソンは、メッセンジャーズの各世代を代表するメンバーが結集し、これが今一番本物のメッセンジャーズに近いバンドと言えると語っています。


日本でもこの音色が聴けるようになるといいですね!


エルビスウィーク@スタックス

メンフィスの8月は世界中から集るエルビスファンでにぎわうエルビスウィークがあります。
メンフィスに住んで3年目になりましたが、一度もエルビスウィークのイベントになかったのですが、今年は、いつも親子でお世話になっているスタックスでイベントがあったのではじめて出かけてきました。

IMG_5085 















スタックスは、エルビスがレコーディングをしたことでも有名です。エルビスが亡くなって36年になりますが、今年、1973年に行われたエルビスのスタックスでの録音の復刻版が発売され、レコーディングミュージシャン(ベース演奏)のノーバート・パットナム(Norbert Putnam)さんを招いてのイベントがありました。


IMG_5059








会場は、エルビスファンでぎっしり。私は立ち見席で参加させてもらいました。
現在は、テネシー州ナッシュビルで音楽プロデューサーとして活躍するノーバートさんはレコーディングの様子を楽しそうに話してくれました。
緊張して参加したレコーディングセッションだったらしいのですが、エルビスが気さくでとても楽しかったのだとか。ニコニコ楽しそうに思い出を話していました。

ノーバートさんがCDにサインしてくださいました。(上の写真)


IMG_5063





 














当時のエルビスが来ていた衣装も陳列されていました。
 




IMG_8208









レコーディングスタジオは当時の建物を再現しています。
エルビスが73年の7月と12月の2回レコーディングしたときのスタジオの様子は今も博物館で見る事ができます。


IMG_2877 









スタックスレコードは、1975年になくなり、建物も壊されてしまいました。
長いこと荒れ地となっていたらしいですが、1989年に現在の博物館が建てられました。
現存する当時のものは、玄関先にあるこのタイルの看板のみです。 

イベントのあと、ノーバートさんはファンと気軽にお話しし、サイン、写真に快く応えていらっしゃったので私もお話しさせてもらいました。来年にはスタックスミュージックアカデミーに来て生徒たちにお話ししてくださる計画があることを聞いてうれしくなりました。

アメリカの音楽関係の方たちは有名人といえ気さくで親切な人が多いですね。
今回も、すてきな人となりを近くでみることができ、すてきな経験をさせていただきました。 

Stax Museum of American Soul
  • 住所: 926 E McLemore Ave, Memphis, TN 38126
    電話:(901) 942-7685
    営業時間:
     
    月曜日13時00分~17時00分
    火曜日10時00分~17時00分
    水曜日10時00分~17時00分
    木曜日10時00分~17時00分
    金曜日10時00分~17時00分
    土曜日10時00分~17時00分
    日曜日13時00分~17時00分

  • Jazz @ Westin Memphis ーウェスティンメンフィスでジャズを楽しむ

    メンフィスウェスティンの金曜日のジャズセッションをビデオでご紹介します。

    16歳の高校生ジャズミュージシャン、Carl & Alan Maguire が
    Steve Lee (ジャズピアニスト)とジャムセッションするビデオです。

    曲はスタンダードナンバーのSolar

     

    プロのミュージシャンと一緒にぶっつけ本番で演奏させてもらうことを
    英語で、Sit In というそうです。

    先輩たちも、自分がはじめてSit Inさせてもらったときの経験談を披露してくれて
    最初はドキドキしたものだ、などという話をしてくれます。

    ジャズミュージシャンは、このSit Inがハードル。
    これを超えてどんどん吸収することによって成長するのだそうです。

    会を重ねるごとに上達する高校生2人組。
    これからの成長ぶりにご期待ください。

    Carl Maguire  drum
    Alan Maguire bass

    Facebook:  http://www.facebook.com/carlalanmaguire

    Memphis Drum Shop

    メンフィスのユニークなショップといえばメンフィスドラムショップ。
    世界中のドラマーが知っている有名なドラムのお店です。

    IMG_2445

    メンフィスのトレンディなミッドタウンの一角にあります。

    IMG_6042

    ドラマーによるドラマーのためのドラムショップなので、
    オーナーさんも店員さんも全員ドラマー。
    プロのドラマーが情熱満載でドラムを販売しています。
    ドラマーは当然、時々交替で演奏旅行に出かけます。

    写真は、ドラムのことなら何でも来いというビル。
    とにかく、ドラムに詳しい人です。
    頼むと気軽にデモ演奏をしてくれます。

    IMG_3781

    数々のドラムが所狭しと並び、オーナー所有のビンテージドラムも展示されています。

    IMG_6030

    こちらは、コンガやボンゴ、パーカッション用の楽器が勢揃いです。

    IMG_6034

    マニア垂涎のコレクションがこのシンバルルーム。
    約1200個のシンバルが展示されているのは圧巻です。
    たたくと全部音が違うんですよねー。あたりまえですけど。

    奥には、レッスンルームがあり、メンフィスのプロドラマーからレッスンを受けることができます。
    旅行で立ち寄る人でも、予約すれば一回からレッスンを受けられます。

    また、時々あって楽しいのが、
    有名なドラマーがやってきて演奏を披露し、講話するワークショップ。
    世界のトップドラマーたちの演奏が至近距離で聞けます。
    そして、気軽に質疑応答に答えてくれます。
    メンフィスなので、有名ドラマーといえど、数十ドルで聞けて大変お得です。

    メンフィスにお越しの際は、ドラマーでない方もお立ち寄りください。
    おみやげのTシャツは20ドルくらいからありますし、
    世界に類のないドラムの館をお楽しみいただけます。

    詳細はこちらへ
    Memphis Drum Shop

    Memphis Drum Shop

    878 S Cooper St
    Memphis, TN 38104

    Phone:

    Local 901-276-2328
    Toll-Free 888-276-2331

    Sales Email:

    sales@memphisdrumshop.com

    Management Email:

    greg.cobb@memphisdrumshop.com

    Ardent Studiosでレコーディング

    メンフィス伝説のレコーディングスタジオ、アーデントでレコーディングしました。
    音大をめざす双子の息子たちの大学入試用のレコーディングです。

    IMG_9447

    数々の有名ミュージシャンがレコーディングしたというスタジオC。
    マイクが設置され、レコーディングがスタート。
    ピアノ、ベース、ドラムのジャズトリオがふたつ結成されました。

    IMG_9431

    課題曲のジャズスタンダードナンバーは、
    Caravan, Body & Soul, Misty, Recorda-meなど。
    メンフィスのプロのミュージシャンたちとの共演で
    16歳の少年たちにとって初めての本格的レコーディング体験です。

    IMG_9489

    レコーディングをしながら、時々できたものを聴きます。
    どうなっているか確かめながら次の曲にすすみます。
    ミュージシャンたちは皆真剣で、音にとても敏感です。

    IMG_9488

    デモレコーディングとはいえ、5時間の長丁場なので、
    デザイナー由紀子手作りの料理やデザートを運び込みました。
    日本人ママ手作りの手料理は、スタジオはじまって以来とのことでスタッフにも大人気。
    夜遅くまでのレコーディングもおなかがみたされてミュージシャンもスタッフも楽しい時間となりました。

    IMG_1863

    高校生がデモレコーディングというのはあまり例がないことらしいですが、
    スタックスミュージックアカデミーの生徒として特別枠でさせてもらいました。

    アーデントスタジオの料金は、エンジニアにもよりますが、
    正規の値段も日本でレコーディングするよりずっと安そうです。
    スタジオミュージシャンもすばらしいプロミュージシャンがたくさんいるのがメンフィス。
    (それもお安い!)

    アーデントスタジオは、日本だと、忌野清志郎、中嶋美嘉という人たちが
    レコーディングしているらしいです。
    海外からのお客様は大歓迎なので、ぜひいろんな人たちに来てほしいということでした。

    みなさんもぜひ、音楽の都、メンフィスに来てレコーディングしてみてください!

    アーデントスタジオ
    Ardent Studios

    2000 Madison Avenue  Memphis, TN 38104
    (901) 725-0855
    http://ardentstudios.com





    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    記事検索
    プロフィール

    ユークルチェ

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ