Perla di Yukiko by ユークルチェ Joekeltje

ジュエリーデザイナー由紀子のテネシーから世界へ日記

Stax

Stax Museum 10周年プレスイベント

IMG_0441
メンフィスの伝説的レコードレーベルを展示するスタックスミュージアムの10周年記者会見にお呼ばれしました。
一時は世界に名を馳せたスタックスですが、レコード会社がそのドアをしめて長いこと荒れるままになっていた土地にスタックス復興のプロジェクトでたくさんの人たちが15年間前からがんばって10年前に復興。
そのあと多くの人たちの尽力があってここまでやってきたことを記念する会でした。

たくさんのテレビ局、新聞、雑誌記者さんたちに混じって私も写真を撮ることができました。

IMG_0409
スタックスのレジデンスミュージシャンでグラミー賞受賞のミュージシャン、Kirk Whalum ( カーク ウェーラム)さんが、スタックス傘下のSoulsville Charter Schoolの生徒たちと一緒に演奏してお客様をお出迎えしました。
いつもながら、ほれぼれとする演奏です。

IMG_0429

こちらがメンフィス市長さんのA.C. Wharton(ウォートン)さん。
ユーモアたっぷりのお話しをしてくださいました。
メンフィスは、車で3時間半ほどのナッシュビルがライバル。
ナッシュビルは、今年ニューヨークタイムズのアメリカのIT City(注目の都市)の一つに選ばれましたが、メンフィスは、ナショナルジェオグラフィック誌で今年度の行ってみたい街世界20選に選ばれています。世界が注目する街なのでメンフィスに軍配だそうです。
そして、メンフィスには、「本物」があるとのこと。
本物、とは、世界に名を馳せるスタックスのことです。

IMG_0437_2

イベントのスペシャルゲストには、メンフィスの本物セレブが登場。
老舗Peabody Hotel(ピーボディホテル)のカモたちです。

時間が来るとホテルロビーの噴水池に赤い絨毯を歩いてお出ましになるこのカモたち。
一日に数回のお出ましですが、その時間にはたくさんの人が見学にやってきます。
メンフィスの立派なセレブとして活躍しています。

レッドカーペットに本当に慣れているカモは、迷う事なくまっすぐに赤い絨毯の上を歩くのでした。

スタックスに関わって1年がたち、スタッフが本当にがんばっているのを目にしているので、
10周年の重みを感じながら、セレブ鴨に癒されてうれしい一日となりました。





Stax Music Academy ベルリンツアー

スタックスミュージックアカデミーベルリンオールスターに
ついてドイツ、ベルリンに行ってきました。

IMG_7025

ベルリン市のギブソンギターショールームにて現在開催されている
メンフィス展のオープニングイベントとして2度演奏しました。

IMG_6678

高校生9人がメンフィス音楽大使としてメンフィスのスタックスサウンドを
演奏し、高校生とは思えない熱演ぶりに
来賓、駐独アメリカ大使のPhillip D. Murphyさんも感激、
楽屋を訪れて皆を激励してくださいました。

IMG_6842

2度の演奏の合間には、ベルリンの観光も楽しみました。

写真は、現在観光スポットとなった
有名なベルリンの壁です。

東側と西側を分けた壁は、さまざまなドラマをみてきた壁です。

高校生たちも3泊5日の短い旅でしたが、
多くを見聞してたくさん吸収した良い旅でした。

私は、ご縁あって選ばれて参加できた息子たちのおかげで、
すてきな出会いがあり、
南ドイツからかけつけてくれた友あり、
香港時代のご近所友だちとの再会ありで、
とても楽しい旅となりました。

めきめきと成長し、活躍をはじめた息子たちを含むスタックスの生徒たち、
将来が多いに楽しみな予感です。



アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール

ユークルチェ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ